伊藤 浩市さん

(有)肉牛工房ゆうあいファーム 北海道湧別町

試行錯誤の連続。それだけ奥が深くて、楽しい仕事です。

ito-01住んだ青空、そして海風。小高い山々に見守られるように、伊藤さんご一家が営む「肉牛工房ゆうあいファーム」の牛舎と牧草地がゆったりと広がっている。

朝6時、夜明け前から牛舎を見守る伊藤さん。「1頭1頭、その日の調子はすぐわかります」。

現在育てているのは、ホルスタインを中心に約1350頭牛の体調に合わせて牧草を調整したり、牛舎を移動させたり、作業は臨機応変に変わる。日々、試行錯誤の連続。「だからこそ奥が深くて、楽しい」。

すべてを終えるのは、夜7時を過ぎる。冬は氷点下20度、目を開けられないほどのブリザードに見舞われることもある。「べー、べー、べ」と話しかける牛への愛着が、すべての苦労を超えるエネルギーになっているのだろう。

全ては、安全・安心な肉づくりのために。

ito-02健康な牛を育てるためには、安全性が高く、良質な飼料は欠かせない。チクレンの指定農場では、非遺伝子組み換え原料を使った純植物性の配合飼料だけを与え、成長ホルモン剤や抗生物質は一切投与していない。

さらに伊藤さんは「世界的に穀物の確保が難しくなっている時代、飼料原料の自給率を上げて安全性を高めたい」と、近隣農家と連携して飼料用とうもろこしの生産にも取り組み始めた。

夏期と冬期の寒暖差は、40~60度にもなる大自然の中、換気や防寒をはじめ牛がストレスなく過ごせる環境づくりに毎日細やかに気を遣う。「どんな作業も、私にとっては生まれた時からの生活の一部ですから」と、おだやかに話す。

全ては、みなさんに安心して食べていただくため。仕事への責任感が、常に新たな挑戦へと駆り立てている。

「おいしい!」その一言が、何よりうれしい。

一年中、ほとんど休みなく働き続ける伊藤さんの元気を支えるのは、妻の京子さんだ。「仕事の誇りを強くもっている人。尊敬しています」と、ご主人の腕にそっと手を添える。「結婚以来20年、前向きに取り組む姿勢は全然変わらないですね」。

ito-03京子さんの明るい笑い声と伊藤さんの照れ笑い…どんなことも話しあうという二人は、仕事の、そして人生のパートナーとして信頼関係を築いてきた。

そんな両親を見て育った四人のお子様たちも、農場の仕事に興味を持っているという。家族と牛が元気でいてくれるのが、うれしいと語る伊藤さん。

さらに、お肉を食べた方たちの「柔らかくて、おいしい!」という言葉に、何よりの喜びがあふれる。「私にとっては、天職です」。伊藤さんの晴れやかな笑顔がこぼれた。