清水 勉さん

ほっかい牧場 北海道足寄郡足寄町

毎日が、努力の積み重ね。
無事に出荷するときの達成感は、格別です。

shimizu-01私は、生後1週間ほどの子牛から育てています。順調に育つかどうかは、ほぼ生後半年までで決まります。哺育生産者が育てた素牛を譲り受けることもできますが、私はミルクや粗飼料の与え方などを工夫して子牛から育ててみたいと思ったのです。

子牛は、とてもデリケートで風邪もひきやすく、環境管理には特に気を遣います。ワクチン接種などもあり、手間と時間はかかりますが、健康に育てて無事に送り出すときは、格別な達成感ですね。

shimizu-02牛が喜ぶものを食べさせていれば、牛肉を食べてくださる方も喜んでくれるだろうと信じているからです。牧草も自分たちで育てています。天候にも左右され、毎日が努力の積み重ね。この仕事をする限り、永遠につづくことですね。それでも好きなので頑張れます。

shimizu-03真冬には、氷点下30度になることもあります。仕事を手伝ってくれる妻に感謝しています。一日の作業を終えて、二人で軽く晩酌する時間は、やはりほっとしますね。